犬の病気
犬の健康は尿や便の回数や量、色などで健康なのか病気の可能性があるのかが分かります。人の子と同じです。 みなさんも、犬の病気を参考に、尿と便の回数と量や色を毎日必ずチェックしてください。

犬の病気と尿や便の回数、量、色の変化

  • 犬の病気と尿の回数

増えた

水を大量に飲むようになった → 糖尿病・子宮蓄膿症・クッシング症候群

嘔吐 → 腎不全

量は少ない → 膀胱炎・尿路結石

出ない → 尿路結石

  • 犬の病気と尿の量

数回で大量

水を大量に飲むようになった → 糖尿病・クッシング症候群・子宮蓄膿症

1回で大量

ひんぱんに出る → 腎不全・膀胱炎

量が減る

回数が増える → 膀胱炎

  • 犬の病気と尿の色

濃くなっている(オレンジ色)

量が減る → 腎炎

においがきつい → 膀胱炎

薄い

いつも水を大量に飲む → 糖尿病

赤くなる(血尿)

血がすこし混じる → 膀胱炎

濃い赤色になる、血の塊がある → 尿路結石・尿路の出血

赤ワイン色

量が少なく、背中や横腹を触ると痛がる → 急性腎炎

濁る

クリーム色や黄土色になる → 前立腺肥大・子宮蓄膿症・腎臓・尿道の炎症

結晶状のものが混じる → 膀胱炎・尿路結石

  • 犬の便の色と下痢

便や肛門に白い米粒大のものがある

便や肛門に白い米粒大のものがある → 条虫

黒、黒に近い褐色

下痢 → 鉤虫の寄生・胃腸からの出血

血が混じる

ゆるめ → 鞭虫の寄生・ウイルス性腸炎・大腸炎

以上