ひみつの消防旅行


ハイハイ、懲りずにまたまたやってきました第一分団団員慰安旅行の季節が・・・・
今年の幹事さんは 入団時は分団一真面目だったのにと噂のT団員! 彼が用意してくれたのは

第一分団 1泊二日 北陸 山代温泉の旅

日 程 行      程
  平成16年  
  第一日目
  2月14日
  〈土曜日〉
  詰め所(9:00出発)→近畿自動車道・吹田JCT→名神高速道路・関ヶ原IC→レスト関ヶ原(昼食)  
 →長浜IC→北陸道・小松IC→金紋酒造【見学・試飲】→山代温泉【泊】 16:00頃到着
お泊まりは ・ ・ ・ ・ みどりの宿  萬松閣

  第二日目
  2月15日
  〈日曜日〉
  ホテル9:30発→加賀IC→北陸道・福井北IC→羽二重餅の古里【ショッピング】→養浩館庭園【見学】  
 →一乃松【昼食】→鯖江IC→北陸道・敦賀IC→日本海さかな街【ショッピング】→北陸道・敦賀IC
 →北陸道・米原JCT→名神高速道路・吹田JCT→近畿道・松原IC→詰め所18:00頃到着予定

 なんと出発日がバレンタインデーというモテモテとくちゃんが一年で一番忙しい日に計画された団員慰安旅行
ホントだったら参加できないのを何とか行く事に(嘘つきましたm(_ _)m)

集合時間30分前に詰め所に行くと、もう沢山の団員さんが御集合!
いやぁ〜・しかしなんですね〜
集合しての話題がこれから行く旅行先ってのは分かるんですが、今の今まで行き先が白浜温泉とか伊勢地方とか
全く方向違いを家族に言ってくるってのは少し問題あると思うのですがねぇ〜?
それにこれから慰安旅行に行くからってバスに乗せるために準備してあるビールを詰め所で飲むのは止めましょうよ〜(笑)
すぐに飲めるんだから〜

予定時間には数分遅れましたが颯爽とバスに乗り込む団員17名! 目指すは一路 やましろおんせん!!


アクロス観光バスアクロス観光バス

今年お世話になった観光バスはアクロスの中型バス

乗り込んだ車中では早速ビールやワンカップが配られる
オイオイ、まだ分団長の挨拶も済んでないのにみんな何してるんやー
『添乗員さん缶チュ〜ハイ頂戴!』

二日間の天気予報を見てみると初日は晴天ですが
二日目の日曜日は全国的に荒れ模様とか??(誰か行いの悪い奴乗ってないかー?)


伊吹山伊吹山

近畿道から名神高速に乗り継いで米原JCTを過ぎると車窓には
滋賀県と岐阜県の県境を南北にまたがる滋賀県最高峰‘伊吹山(1377m)’が見えてきました。
日本のほぼ中央に位置し、北方系の植物が南下してきたり、また、日本海に近い関係もあって、日本海側に分布の本拠をもつ植物も存在する。 さらに典型的な石灰岩地帯ということや冬季寒冷な季節風の影響を受けて、好石灰植物や美しい広葉草原(お花畑)が見られる。また古い山なので特産種(固有種)も存在する。標高は大したことがないのに高山植物が見られるという。 昔から草本植物や薬草の宝庫として世に知られ、多くの学者により調査がなされ、植物研究史上貴重な山です。ハイ


お昼ご飯昼食
途中関ヶ原ICで降りたバスは 古戦場関ヶ原近くにある
レスト関ヶ原に

この日の献立(?)は串カツ! 自分たちで揚げながら食べるって趣向
そりゃぁビールに揚げ物は合うけれどおぢさんたちには評判低い!
う〜ん、2〜3本しか食べてない団員さんも・・・・
その代わり40本は食べている若いのも

う・うらやましいです。


金紋酒造
金紋酒造

地酒の製造工程も見学させてもらえる粟津温泉近くにある小さな酒蔵
仕込み蔵や釜場などの製造工程を案内してもらえるし少人数でもガイドが付いてくれるが
休日の見学は作業も休みなのかそんなに見る場所もなく
ほんの数分で終わってしまうかも
「金紋」、「春心」の銘柄で知られる。


お酒の試飲試飲樽

見学が終わったら さぁお待ちかね
出来たて新酒の試飲! ご自由にお飲み下さい!?

しかし、しかぁ〜し!!
敵もさるもの引っ掻く者!
試飲するにはお猪口にお酒を入れなければならない
写真ではわかりにくいがこの樽に入ってるお酒の水深(酒深?)は
約3センチ、竹製の杓で掬うがなかなかいっぱいに入らない
小さな猪口いっぱいにするにも数回は掬わないと!!
う〜〜〜ん、商売人!!


もちろん売ってます蔵元直販

もちろん直販もしています
常温、冷酒用辛口の『金紋』や燗酒用の甘口『春心』が
本醸造、純米酒、純米吟醸、純米大吟醸など
沢山の種類が揃っています

希望者は大吟醸や純米吟醸なんかも試飲もさせてもらえるが
気の弱い人は買わない訳にはいかなくなるよ〜
厚かましい人はドンドン飲ませてもらいましょう




みどりの宿 萬松閣  みどりの宿 萬松閣

ここが本日のお宿 萬松閣
5〜6人に分かれて客室に入ると窓の景色は大したことがないけどまぁまぁの広さで
お風呂にも近い、でもタバコを吸う人と一緒の部屋は嫌やなぁ〜!
毎回吸わない人だけで一部屋取ってもらってたんやけど今年の
非喫煙者は4人だけ・・・・仕方ないです(涙)

 露天風呂
六万石露天風呂(殿方)

宴会は6時から それまではやっぱりお風呂やね 浴衣に着替えたら早速温泉に
無色透明のお湯はナトリウムカルシウム硫酸塩泉で24時間入浴可能
温泉のお湯もけっこういいよ!!

さぁ〜 これから怒濤の宴会に突入やぁ〜〜!!


宴会風景宴会風景

副分団長が乾杯の音頭をとって宴会が始まりました
団員17名にコンパニオンさん6名は多いのか?少ないのか??

どこの団体にもいる宴会部長(うちの場合宴会班長)
この人の総合司会で賞金(金一封)を賭けたゲームを・・・
輪投げに綱引き!
あまりの楽しさにカラオケなんか歌う奴は一人もいない
それどころか予定の2時間はあっという間で
分団長に宴会1時間延長をお願いすることに



会席料理会席料理

冬の北陸と言えばなんと言ってもカニ!メインの蟹は宴会が始まる時間を見越して
茹でたて熱々が運ばれてきました
普通宴会料理と言えば何時間も前に並べられた冷めた料理が当たり前なのに
う〜〜ん、嬉しい誤算
左上はアワビの残酷焼き これは生きていたが輸入物
鮮度もあまり良くなくて身が固かった(新鮮なアワビは柔らかい)
それにサザエの壺焼きも付いていて 焼いた貝、貝、はチョット鬱陶しい
しかし車海老の踊りまで出てなかなか楽しませてくれる趣向
団体旅行でこの料理なら◎?!


お約束の夜食夜食

三時間の宴会が終わって部屋に帰ると幹部さん達は部屋でノンビリ
しかし若い奴らはどこかに連れて行けと僕にうるさく付きまとってくる
どこに行きたいか聞いてみると『何か飲めて何か食べられる所』・ ・ ・
ヲイ、お前達今の今まで宴会場で飲んで食ってしてたやないか!!

旅館の外は雨霰で大荒れ模様、仕方なくホテル内でラーメンかうどんに落ち着く
とりあえずの生ビールに枝豆、それからそれぞれ麺類を注文して
腹減ったとうるさい若いのから先に食わせていくが
親切な僕はみんなの為にコショウと一味を振りかけてあげる
そして・・・・最後に運ばれてきた僕のラーメンには・・・・・唇が、い・痛い!!!



まだまだ二日目も続くよ見たってやぁ〜!
『ひみつの消防旅行』


ホーム        戻る        二日目〜〜!