バラタナゴについて

ニッポンバラタナゴ
 こんにちは!バラタナゴという魚をしっていますか?
 バラタナゴは、でんしゃのキップほどの小さな魚です。
 日本だけにいるしゅるいをニッポンバラタナゴ、 海のむこうの中国などにいるしゅるいを タイリクバラタナゴとよんでいます。
タイリクバラタナゴ
 2つのタナゴの見ためのちがうところは、はらびれに白い線があるのが タイリクバラタナゴ、 ないのがニッポンバラタナゴです。
 むかし、ニッポンバラタナゴは西日本のどこにでもいましたが、 今では大阪、九州や四国などのごく一部にしかいなくなりました。

 なぜ、こんなにすくなくなってしまったのでしょうか? これからお話していきます。

 バラタナゴのすんでいるところは、ため池などです。 ここでおもにプランクトンをたべて生きています。
ニッポンバラタナゴのオス
 バラタナゴのオスは、タマゴをうむきせつになると、からだが赤っぽくなりメスをよびよせます。 このいろが、きれいなバラの花のようなので、バラタナゴとよばれるようになりました。


ドブガイ
 タマゴは水の中にそのままうむのではなく、ドブガイという貝の中にうみつけます。
 かわった魚だとおもいますが、こうしてタマゴや子どもを、てきからまもっているのです。
ニッポンバラタナゴのメス
 メスは、貝の中にタマゴをうみやすくするために、くだをもっています。 このくだは長くなると自分の体ぐらいの長さになり、貝が水を出すところにさしこみます。
 そして貝の中であるていど大きくなると、貝の中からおよぎ出てきます。
 だから、バラタナゴがふえていくためには、どうしてもドブガイのような貝がひつようになります。

 こどものころのドブガイは、自分でエサをたべられません。
 どうするかというと、ほかの魚にひっついて、えいようをすいとって大きくなります。
ヨシノボリ
ヨシノボリという魚におおくひっついています。
 ドブガイもまた、じぶんだけでは生きて行けないのです。

 むかしは、こういう生き物がいっぱいいるため池が日本中にありましたが、 だんだんとへってきました。
 ということは、魚が生きていけるばしょがなくなります。
ブラックバス
 また、せっかくため池があってもブラックバスなどのよその国からきた魚がタナゴなど の小さい魚をたべつくしてしまったので、魚がいなくなった池もおおくあります。
 ニッポンバラタナゴがすくなくなったのは、これだけではありません。
 はじめにタイリクバラタナゴのお話をすこししましたが、 ニッポンバラタナゴタイリクバラタナゴはもともとおなじ魚だったので、 今はしゅるいがちがっても、子どもをのこすことができます。
 しかしその子どもは「ざっしゅ」になってしまいます。 「ざっしゅ」とはニッポンバラタナゴタイリクバラタナゴのあいだの魚です。
 こうなるとただしくニッポンバラタナゴとはよべなくなってしまいます。

 ブラックバスタイリクバラタナゴも、もともと日本にはいませんでした。 にんげんがよその国から、もってきてそれが広がってしまいました。

 こういうことがかさなって、ニッポンバラタナゴは、ほんとうにすくなくなってしまいました。
 あとなん年かすると、かんぜんにいなくなってしまうかもしれません。
 そんなことがないように、のこされたニッポンバラタナゴや ため池をたいせつにしようとおもっています。

■キッズメニュー■

■HOME■